グリーン住宅ポイント制度について~個人住宅の新築・リフォーム編~

 

コロナは私たちの生活や社会全体を大きく変えました。
暮らしの中での変化も大きくなり、家族で過ごす時間が増えてきたのでお家のリフォームや建て替えを考えている方も多いと思います。

そんな中、国土交通省は12月15日に閣議決定した2021年度第3次補正予算案に一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事と交換可能なポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」を創設すると発表しました。

かつてもよく似た住宅ポイント制度がありました。
前の住宅ポイントが間に合わなかった方でも
対象となればチャンスが広がります。

今回は 新築・リフォームについてみてみます

目次

制度の目的・概要

高い省エネ性能の住宅取得者に対して「新たな日常」等に対応した新商品や追加工事と交換できるポイントを発行することにより、住宅投資を喚起し、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図る

制度の特徴

1、ポイントの「即時交換」が可能
  ※即時交換は対象となる追加工事に限定
2、リフォームで最大30万ポイントの発行されます
  ※一部特例あり
  ※1ポイント1円
3、ポイントの特例で最大100万ポイント発行されます
  ※新築のみ

ポイントの発行

1.住宅の新築(注文住宅・分譲住宅)
① 高い省エネ性能等を有する住宅
次のいずれかの性能を有する住宅を対象とします。
1) 認定長期優良住宅
2) 認定低炭素建築物
3) 性能向上計画認定住宅
4) ZEH

② 省エネ基準に適合する住宅
断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の性能を有する住宅を対象とします。

2.既存住宅の購入
次のいずれかに該当する住宅で、売買契約額が 100 万円(税込)以上のものが対象になります。
① 空き家バンク登録住宅
空き家バンクに登録されている住宅で、地方公共団体が本制度の対象として認めた住宅を対象とします。地方公共団体の証明が必要です。
②東京圏からの移住のための住宅
東京圏とは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県のことです。
③災害リスクが高い区域からの移住のための住宅
建築士の証明が必要です
④住宅の除却に伴い購入する既存住宅
住宅を除却する者が購入する既存住宅を対象とします。

3.住宅のリフォーム
次のいずれかに該当するリフォーム工事を実施する場合
①省エネ改修
開口部の断熱改修、外壁・屋根・天井又は床の断熱改修、エコ住宅設備の設置
②耐震改修、バリアフリー改修等(任意)

グリーン住宅ポイント制度の概要
国土交通省HP グリーン住宅ポイント制度について より

ポイントの即時交換ができる工事

ポイントの即時交換は、下記の工事に限定されます。
※対象工事の詳細は今後、国交省HPで公開される予定です。
①「新たな日常」に資する追加工事
・働き方改革
 1)ワークスペース設置
 2)音環境改善
 3)家事負担軽減
・感染予防
 1)菌・ウイルスの拡散防止
 2)換気設備
②防火に資する追加工事
 1)災害対策
 2)停電・断水対策

期限

対象物件:令和2年12月15日~令和3年10月31日までに契約する
ポイント発行:開始時期はまだ未定
       令和3年2月頃公開予定

申請方法

ポイント発行申請は、原則、建築工事又はリフォーム工事の発注者、売買契約購入者が行いますが、建築工事の請負事業者や分譲事業者等の代理申請も可能となります。

以上、
本制度の実施は、令和2年度第三次補正予算の成立を前提としております。内容は変更がある得ることにご留意ください。

リビングの写真

私がお手伝いしている
かんりすでは
このような大家さんの「困った」「どうしたらいいだろう」
等の心配ごとでもサポート体制が整っていますので
相談していただけます。

日々スタッフ一同が頑張っております。
お気軽にお問合せください

私は、「きんかつ」というブログを書いています。
人生の色んな場面でお金の大切さを実感知るような出来事が何回かあります。

そんな大切な事だからこそ、私の経験したことを含めて、皆さんと共有していきたいと思う気持ちから、お金の活動=「きんかつ」という言葉を使いお金のあれこれを、群馬つまごいより「きんかつ」ブログとして、主婦目線で書いています。
良かったら読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる